アトリエイケムラ一級建築士事務所

建具表の作成にプロパティマネージャーを利用してみる

ARCHICAD20の新機能のひとつにプロパティーマネージャーがります。

建具表に使用する事で作業が楽なのと、ドアツール、窓ツールの建具表が同時に編集できます。

では、下の平面図の建具をデフォルトの一覧表に表示してみます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-10-48-16

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-10-44-38

上記は、デフォルトのドア一覧表に要素タイプ、窓を追加表示させましたが、

扉スタイルなど、共通では使えず、カスタムテキストで対応するしかありません。

そこで、プロパティーマネージャーを利用してみます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-15-27-08

オプション→プロパティーマネージャーを選択。

新規作成→グループを選択し、グループ名を『建具表』とします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-15-52-52

建具表のグループができましたら再度、新規作成をクリックし、プロパティにチェックをいれ、プロパティ名に『型式/見込』など、表示させたい内容をいれてOK をクリック。(グループは先ほど作成した、建具表です)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-18-11-32

データタイプをオプションセットを選択して、内容を書き込みます。また、複数選択を許可にもチェックをします。右下の要素分類は、『ドア、窓』をカスタムから選択します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-18-18-03

同様の手順で建具表に表示したい内容を作成していきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-18-22-32

続いて一覧表の設定ですが、その前に各窓、ドアにIDを、AD1、AW1など番号をつけておきます。この番号によって順番を制御いたします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-18-30-11

これから、表の作成に入ります。ドキュメント→一覧表設定、新規から次の画像の様に設定をします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-18-35-12

表の体裁を整えて一覧表は次の様になりました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-18-37-51

事務所の雛型を作成しておくと、次からの作業が楽になります。

お気軽にコメントをどうぞ。