アトリエイケムラ一級建築士事務所

メーカー製器具、機器などを新規オブジェクトとして登録の方法

最初に準備するものとして、メーカーのホームページから3Dデータ(DXF),2Dデータ(DWG)の二つのファイルをダウンロードしておく。

ARCHICADのファイルメニュからファイル特殊、結合を選択。

スクリーンショット 2016-06-07 13.01.28

モデルスペースを現在のビューに結合にOK

スクリーンショット 2016-06-07 13.02.10

モデルスペースへ貼り付けるとこの様にオブジェクトとして配置されます。

スクリーンショット 2016-06-07 13.02.45

配置されたオブジェクトを3Dで見るとこの様に辺の線が無数にあります。これでは、展開図として表示すると使い物になりません。そこで、一旦モルフに変換し、辺を見えなくする作業をします

スクリーンショット 2016-06-07 13.05.05

配置されたオブジェクトを右クリックし、コンテキストメニューから選択内容をモルフに変換を選択します

モルフに変換した図形を全て選択した状態から右クリック、コンテキストメニューが出たら、選択したモルフの設定を開きモデル→非表示を選択します

それでもまだ辺がが残ってしまう場合があります

スクリーンショット 2016-06-07 14.10.57

その場合は、図形を全て選択した状態からメニュのデザイン→モルフ修正→結合を選択。

スクリーンショット 2016-06-07 13.10.52

これで辺が全てなくなりました。

スクリーンショット 2016-06-07 13.12.43

これからは、オブジェクトの登録をします。

メニュから表示→3D表示設定→3D投影の設定を選択スクリーンショット 2016-06-07 13.12.57

平行投影を選択

スクリーンショット 2016-06-07 13.13.48

上面図を選び、方位を270と入力

スクリーンショット 2016-06-07 13.14.04

上面から見えた状態で図形を全て選択しファイル→ライブラリとオブジェクト→選択内容に名前を付けて保存→オブジェクトを選択。

スクリーンショット 2016-06-07 13.14.54

オブジェクト名を入力したら保存

スクリーンショット 2016-06-07 13.15.29

OKで次

スクリーンショット 2016-06-07 13.15.13

そのままOK

スクリーンショット 2016-06-07 13.16.07

保存したオブジェクトをオブジェクトツールの埋め込みライブラリからとりあえずモデルスペースへ貼り付けて見ると、3D図形を上から見たまんまなのでこれから修正作業へ。

スクリーンショット 2016-06-07 13.17.06

そこで、図面ツールをクリッックしあらかじめ用意していた2Dデータ(DWG)を選択し貼り付ける。

貼り付けたデータを右クリックし、コンテキストメニューを表示させ、分解を選択。

スクリーンショット 2016-06-07 13.19.00

分解後、元の要素も保存のチェックを外し、OKを選択。線、円弧など2Dで表示したい部分を選択し、メニュから編集→コピーをしておく。

スクリーンショット 2016-06-07 13.19.12

次に、新規作成し配置しておいたオブジェクト図形を選択し、メニュからファイル→ライブラリとオブジェクト→オブジェクトを開く。

スクリーンショット 2016-06-07 13.22.28

次の様な画面が出るので、2Dシンボルの横をクリッックする。

スクリーンショット 2016-06-07 13.23.01

元の図形を全て消去し、先程コピーをしていたので、ペーストをして位置を元の図形の位置に合わせ、体裁を整えたら保存をして完了です。

スクリーンショット 2016-06-07 13.27.20

お気軽にコメントをどうぞ。